メインイメージ画像

極秘情報を守る

多くの人が出入りする建物では安全管理が大きな課題といえるでしょう。小さな企業であれば社長一人が鍵を持ち、お客様を迎えればすみますが、近頃の商業ビルではとても無理でしょう。そんな会社にお勧めなのは入退室管理システムです。電気で出入りした人やログを一度に管理できるシステムなので防犯に役立ってくれます。ではビルのどこにシステムをつけるのが良いでしょうか?極秘情報やプライバシーを保護する場所につけるのが最適ですが、中でも次の5カ所に設置するのが良いでしょう。

それは通用口・事務室・サーバー室・更衣室と役員室です。どの場所も関係者意外の人間が出入りしないエリアでかつ最も重要な情報をもつスポットだからです。

女性が社会で活躍する時に変わってきたように、現状は大変革を起こしつつあります。労働の変化もそうです。これまで正社員のみだった起業もバイトやシフト制・パートタイムやフレックス制など実に多様な働き方の雇用をしています。

それに社員の費用削減や健康管理を意識してムダな残業は削減したい事でしょう。前はこのような給料計算や残業申請は事後や紙媒体の書類を使っていました。しかしそれだと時間がかかり、ミスも増えて合理的ではありません。しかし現在ではネットを使った就業管理システムを利用する企業が多くなっています。全部コンピュータで一元管理ができるので外出の多いスタッフが携帯で出先から勤務報告を送信する事が可能になるのです。

更新情報